TOEICの勉強法~ていねいな情報収集をしよう~

TOEICの勉強法~ていねいな情報収集をしよう~

試験に対応した参考書やスクールを探す

2006年5月の大改変以降も出題傾向は変化しており、勉強を始める前の十分な情報収集とその中から適切な情報を選び出す判断力が、TOEIC受験者には以前にも増して必要になってきました。書店に行けば、TOEIC関連のコーナーがあり、様々な参考書、学習書が並べられております。英語スクールにも様々な「TOEIC」コースが準備されています。しかし、率直に言って、その中には今の出題傾向を反映していなかったり、著者や講師があまりTOEICを受験していなかったりするケースもかなり見受けられたリします。中には内容がTOEIC対策として適切ではない参考書やスクールなども残念ながらあります。参考書やスクール選びによって、TOEICの目標スコアを出すまでの時間かなり差が出てしまいますので、情報収集はていねいに、そして判断は慎重に行いましょう。貴重な時間が奪い取られてしまうことになってしまいます。

「新公式問題集」がひとつの基準

参考書やスクール選びの判断基準としてお薦めなのが「TOEICテスト新公式問題集」です。TOEICの出題傾向を分析したり慣れたりする際の参考になります。特に、旧テスト形式の問題に対応した教材(TOEICテスト新公式問題集vol.1~vol.6)なので、可能であれば「TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編」をおすすめします。未受験の人はそれらを参考にすれば、その内容とあまりにかけ離れた印象の参考書やスクールは、適切ではないということがわかり、実際のテストの内容に即している参考書やスクールを選ぶことができるようになります。ただし、公式問題集を使って指導をしているスクールが大半なので、公式問題集を使っているからといって必ずしもそれが「短期間でスコアアップ」に適しているとは限りません。公式問題集を解かせて解説しているだけのスクールは要注意です。参考書やスクールを選ぶ前に一度、TOEICを受けてみるのいいでしょう。実際にTOEICの問題を自分自身で体験し、スタート地点での自分の実力もわかった上でのほうがより的確に必要な参考者やスクールを選べるはずです。

スクールの無料見学を利用する

スクールは本以上に判断が難しいと思いますが、もし無料見学ができるのなら行ってみて、授業内容をチェックしてみるといいでしょう。このほかの注意ポイントは、英会話などで評判が高い学校が必ずしもTOEICの出題傾向をきちんと研究しているとは限らないということです。英会話の学校より、むしろTOEICにある程度特価した学校のほうが適切なレッスンを受けなけれる可能性は高いです。その学校が最近のTOEICの出題内容を研究してしているかどうかも重要です。TOEICを頻繁に受験して傾向分析を行い、どのようにすれば受験生のスコアを効率的に上げられるかを研究した上でおしている講師かどうかを確認しましょう。講師が「満点取得」という情報は参考にはなりません。むしろ「短時間での生徒のスコアアップの実現」を真摯に考えている講師がいるかどうかをチェックしましょう。「満点取得」は宣伝になるので、「満点取得」後に全くTOEICを受けていない講師も少なくありません。

ネット上の情報にもアクセス

そのほか、メールマガジンなどインターネット上で情報をまず大量に集め、そこから有益そうなものを取捨選択して、勉強の参考にするつもりでいいでしょう。いずれにせよ、大量の情報の中から本当に価値のある情報を選び出す判断力、選択眼が必要になります。受験生を見ていると早く結果を出す人にはこの情報収取能力・判断力に優れているタイプが多いです。TOEICは試験問題自体でも情報収取能力・情報処理能力が問われることが多いですが、それは参考書や学校を選ぶ段階から試されていると言えます。もしもせっかく選んだ本やコースが残念ながらハズレのように思ったら、すっぱりやめましょう。もったいないと思うかもしれませんが、無理して続けて無駄にする時間のほうが、はるかにもったいないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です