TOEICの勉強法~TOEICで身につく英語力とは~

1.TOEICの勉強法~TOEICで身につく英語力とは~

ビジネスシーンで実際に使われる英語が登場

2006年の改変以降も、TOEICの内容は年々変化し、ビジネスで使える英語の基礎が学習できるテストになりました。英語関連の試験の中には、「いったいどんな場面でこの単語やフレーズは登場するのだとう」と思われるようなsy会から隔絶した問題がだされたり、重箱の隅をつつくような文法知識を問われたりといった、「試験のためだけの英語」を勉強しなくてはならないようなものもありますが、TOEICに登場する英語は、確実にビジネスシーンで使われる英語だと言えます。たとえばリスニング問題に登場する英語は、実際に外資系企業で日常的なに飛び交っている会話ですので、覚えてしまえば使えます。パート6やパート7に登場する文章も仕事の中でやりとりされるEメールやビジネスレター、商品やサービスの宣伝文などなので、こうしたものを読みなれておくと、海外の仕事をする際に役に立ちます。TOEICのスコアを確実かつ効率的に上げるには、さまざまなテクニックやコツといった「受験技術」を身につけなければなりませんが、実際の勉強の中で買えなくてはならない英語は、国際ビジネスに役立つ実践的な英語です。また、TOEIC卒業後、TOEICでは十分に測れない力、ライティングやスピーキングの学習をする際の土台作りができます。

TOEICと英語力の関係は?

ところで、「TOEICのスコアは本当にその人の英語力を示しているのか?」とは、しばしば言われる質問です。「TOEICで900点を突破したなる人がいますが、「英語が全然話せない」「外国からのお客さまとも支障なくコミュニケーションを取っているのに、なぜ800点を超えられないの?」などTOEICの評価に疑問を持つ方もいらっしゃいます。ひとつ言えるのは「英語力」が意味することは非常には幅広く、そのすべてをTOEICが網羅しているわけではないということです。しかし、TOEICは「国際ビジネスで必要とされる英語力」を評価するひとつの指標となっているこも確かです。TOEICのための勉強によって身につくのはまず、国際ビジネスに必要なリーディング力や語彙力です。また、リスニングセッションの勉強を通じて、十分とは言えなくてもビジネス英語を聞き取れる耳も育ちます。ただし、スピーキング力に関しては実際に英語を口に出し、人とコミュニケーションをする力、いわゆる発話力を鍛える必要があるので、別途発話練習をしなければならず、TOEICのスコアだけではその実力は測れません。しかし、ハイスコアを取っている人はビジネスに必要な語彙力や、英語の文法や構造への誓い、そして英語を聞き取るための最低限のリスニング力が備わっているので、本格的にスピーキングの勉強を始めれば、比較的短期間で話せるようになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です