TOEICの勉強法~先取りした者がチャンスをつかむ~

1.TOEICの勉強法~先取りした者がチャンスをつかむ~

TOEIC高得点を目指している人の傾向

TOEIC高得点を目指す人には、さまざまな企業のビジネスパーソンがおりますが、職業の種類としては、証券、金融、弁護士、会計士、弁理士、建築士など、多くの種類の方々が参入しております。リストラ対策として、また、チャンスをつかむためにTOEICの勉強をするという場合が多いです。海外に行きたいという希望を持って意欲的に勉強をしている方はもちろんのこと、国内で仕事をする場合でも、TOEICで高いスコアを取ることによって、希望の部署に行ける機会が多くなっているようです。短期間でTOEIC800点を達成し、その後すぐに主要な拠点への異動が決まる人も少なくありません。もともと仕事をする能力が高い方がTOEICでハイスコアを取得すると、社内ではとても目立つものです。多くの企業がそういう人たちに対して、英語を生かして活躍できるような機会を提供してくる時代になりました。

ハイスコアを取って転職成功する人もいる

TOEIC900点を取得し、それを切り札として転職に踏み切るような方も中には多いようです。当初はTOEIC785点のスコアだった人が、2か月でTOEIC945点を取得した方がすぐに転職活動を開始して見事に成功を収めた方もいます。小さな国内の製薬会社から、大手の外資系の製薬会社への転職を成功されたの人もいます。以前は、企業は「英語ができる人」を海外に順次派遣するようにしていたのですが、意外と仕事をうまくこなせずに終わってしまうケースも多かったそうです。今はその逆で、仕事ができることに加えてある程度高いスコアを取得できた社員を次々に海外に送り込むようになり、そういう人たちが優先的に働けるチャンスを与えてくれるようになりました。TOEIC730点を持っていないとアジア圏への海外出張ですら行かせてもらえないようになった外資系IT企業もあったりします。

TOEICと勉強で身につけた力は使う英語の質を高めてくれる

TOEICの点数が上昇するようになると、「自分の使っている英語の質が高くなった」「単語やフレーズもフォーマルなものがたんたんと使えるようになってきた」「会社の上司に、「メールの英文が上手になったね」と褒められた」といった話も、多くなりますし、またうれしくもなります。スコアが500~600点台ですと、ビジネスで英語を使うにはまだまだ文法力や語彙力が乏しく、単文で英文を書くことしかできない場合が多いのですが、TOEIC800点を超える過程で身についた力で、洗練された文章が書けるようになるのです。

早めに備えるに越したことはない

先取り学習をした人が優位に立つというものも事実です。チャンスをつかみたいのであれば、早め早めに着手してTOEICの勉強を始めてください。リストラ対策もしかりですが、電機業界を中心に露骨に部署ごとにリストラを行う場面も残念ながら多々あるのが現実であります。部署の中からTOEICのスコアは650点に達していない何人かをリストラするというお達しがあったケースもあります。某外資製薬業会社が日系製薬会社を買収した際には、TOEIC800点をボーダーラインにリストラが行われました。この現状を踏まえて早めに備えるに越したことはないがよくわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です