TOEICの勉強法~どのくらいのスコアが安全圏か?~

TOEICの勉強法~どのくらいのスコアが安全圏か?~

侵入社員がハイスコアを携えて入社してくる時代になった

英語とはもともと縁遠く、社内では誰も英語の勉強などしていなかったような企業ですら、新人がなり高いスコアを携えて入社してくるような時代になりました。不景気なこの時代に入社してくる彼らは、すでに大学時代にTOEICスコアを取るための勉強をしっかりとやることが当たり前になっていて、ある程度基本的な英語力を身につけた上で企業に入社してくるようになったのです。エントリーの段階ではある程度のスコアが当たり前のように要求される時代なので、当然と言えば、当然のことです。

どのくらいのスコアが必要とされるのか

TOEICで800点を取れる力を身につけていれば、そこまでの学習の過程で基本的な英語力が身についてるはずであること言ってよいでしょう。800点あれば、基本的なリスニング力、文法力、そして読解力がまんべんなくついている状態であると言っても差し支えありません。英語を使って仕事をするのであれば、600~700点くらいのスコアでは、実はまだまだ不十分なのです。TOEIC卒業後、ビジネスで使うライディングや会話できるようになるためには、最低でも800点を取れる力をつけておくべきです。楽天やソフトバンクなどの企業が800店という高いスコアを明言する理由はそこにあるのではないでしょうか。800点を取得できた段階で、英文の読み書きが仕事で求められるような人は英語でメールを書く練習を始めればいいですし、英語で話す必要がある部署で仕事をするのであれば、英会話、さらにはビジネス英会話の練習へとシフトすればいいでしょう。TOEICの学習だけでは英語力は身につかないので、別の訓練が必要になります。

ハイスコアを取ることはもはやMSUT

たとえば同じようなレベルの人たちが2人いて、そのどちらかをどうしてもリストラしなければならないという場合、人事部は客観的で、誰もが納得せざるを得ない指標を必要とします。そのひとつがTOEICのスコアなのです。以前からTOEICのスコアをさまざまな指標に使っている企業では今もそのまま継続的に採用しているところが多いですし、新しく採用を開始した企業もかなり増えてきました。もはや高いスコアを保持していることは上場企業のレベルになるとMSUTな状況であること言い切っても良いでしょう。TOEICで高いスコアを保持することが、チャンスを得るためにも、またチャンスが向こうから来たときに確実につかむためにもMSUTなのです。

400点台でもあきらめる必要はない

「800点を取らなければならないだなんていきなりそんなにレベル高いことを言われても…」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、安心してください。400点から始めて、短期間で800点台後半までスコアを上げた女性の例をご紹介します。損保業界も他の企業と同様に国内市場が厳しくなってきたため、海外に進出して業務をかなせる人の育成や獲得に力を入れるようになってきています。地域限定の社員として採用された女性は、シンガポールの大学のMBAのクラスに社費で行かせてもらえる機会を勝ち取り、その後は海外子会社の経営管理担当者として大型М&Aでの売買先の企業のガバナンスを担当したり、海外子会社の監査役に就任したりするなど、新しい領域で活躍しています。結婚して、子供いる女性ですが、仕事ができる、そしてTOEICで高いスコアを取り英語もできると認められれば、このように道が開けていくのです。ですから400点台くらいの方でも、無理だと考えずにやってみてください。正しいやり方で勉強すれば、必ず700点、そして800点に手が届くのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です