「Newsweek 2018年1月16日号」を購読してみて

SPECIAL REPORT
THE GLOBAL ECONOMY 2018 「好調」世界経済の落とし穴

トランプ政権、中国経済、金融緩和、ビットコイン……
ノーベル賞経済学者らが読み解く世界経済のリスクとチャンス

私は1年前、2017年の最大の特徴は不確実性だろうと予測した。特に大きな波乱要因として、ドナルド・トランプ米大統領の誕生とイギリスのEUからの離脱(ブレグジット)をを挙げた。この時点で唯一確実なのは不確実性だけにみえた。未来はひどく厄介なものになる可能性があった。結果的に17年は特に素晴らしい年ではなかったが、大方の懸念よりはずっとましだった。トランプは予想どおり、大言壮語と不規則な言動を連発した。仮にツイッターのつぶやきだけしか見えていない人がいたとすれば、アメリカは貿易戦争と核戦争の間を揺れて動いていると思ったかもしれない。トランプはスェーデン、オーストラリア、EUを次々と侮辱した後、国内ではネオナチを擁護した。金満ぞろいの閣僚たちは、利益相反、無能、道徳的堕落のレベルをお互いに競い合った。(後略)

予測 「好調」世界経済の見えないリスク
格差 広がる不公正への処方箋
成長 景気拡大期こそ改革の好機
景気 政治と経済は「中心」なき時代へ
仮想通貨 ビットコインは主犯なき投資詐欺
中国経済 中国から始まるデジタル産業革命
金融政策 中央銀行が迎える正念場
通商 自由貿易システムはもはや風前の灯火
環境 地球を救うビジネスモデル

PERISCOPE
NORTH KOREA 対話ムードでもミサイル計画は着々と
IRAN 救われなかったイラン庶民の怒りが爆発
RUSSIA プーチンが破壊する仮想通貨の理念
GERMANY 憎悪ツイート削除は言論の自由の侵害か
PALESTINE ISISがハマスに宣戦布告する理由
ITALY あのベルルスコーニが再び政局の中心に
CHINA 中国が迫る「最後の授業」
FRANCE 欧州を襲った冬の嵐の凄まじさ

FEATURES&ANALYSIS
中東 イラン制裁の皮肉な成果
北朝鮮 北のミサイルが失敗した意味
司法 「国際手配」が口封じの道具に?
米外交 それでもトランプはパキスタンを支援sる
テクノロジー オーダーメイドのコンドーム革命
バイオ技術 机の観葉植物が照明になる?

LIFE/STYLE
Alcohol 意外にイケる人工ワインの将来性
Television ハマスもはまるイスラエル人気ドラマ
Health 汚れた霧が弱者をむしばむ
Music 「自殺がテーマでもキャッチーに歌う」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です