「Newsweek 2017年10月17日号」を購読してみて

SPECIAL REPORT
知られざる小池百合子

新党を率いて永田町に殴り込みをかけた
「女刺客」小池百合子は日本政治を変えるのか?

この10月は小池小百合・東京都知事にとって試練の時となる。安倍晋三首相が賭けに出て、不意打ちで衆議院を解散した。小池とその仲間たちの準備不足は明らかだった。いつもとは全く逆の展開だ。小池の政治人生において、突然に、大胆で後に引けない決断を下すのは、いつも彼女の側だった。冷酷に、後悔も哀れみもなく、敵にナイフを突き付けるのが彼女のスタイルだ。だが自分が同じことをされ、政治生命を絶たれるかもしれないというのは初めての経験だろう。失敗は許されない。圧倒的な重圧の下で、彼女は反撃に出なければならない。この経験で、運がよければ彼女は成長するだろう。私はかなり前から小池をアイアン・バタフライ(鉄の蝶)と呼んでいる。それなりの年齢の英語圏の人間なら、この表現に2つの意味があることに気付くだろう。アイアン・バタフライは60年代活躍したサイケデリック・ロックバンドの名だ。しかし、そのことに気付かなくても「鉄の蝶」は小池にふさわしい名称と言える。(後略)

日本政治 小池刺客劇場の危うい幕開け
■経歴 「勝負師」小池がたどった足跡
政党 小池新党と見果てぬ夢
■政党史 政権交代の夢と25年続く新党ブーム
中東 知られざる濃厚アラブ人脈
野党 わが民進党はなぜ失敗したのか?
政党交付金 民進党がため込んだ「カネ」の行方

カズオ・イシグロをさがして
文学 ノーベル賞を受賞した日系イギリス人作家の独特の感性とスタイル

PERISCOPE
UNITED STATES 人気のペンスが「次の座」を狙う?
NORTH KOREA アメリカの(意外な)対北朝鮮制裁力
SPAIN EUはカタルーニャ独立を支持しない
SYRIA ロシア兵捕虜を助ける? ISISハンターズ
BY THE NUMBERS 世界の国の半数が宗教を特別扱い
FRANCE フランス「対テロ新法」への不安
GERMANY ルールを愛するドイツで正しい朝食論争
CHINA 習近平「治国思想」の元ネタは暴力革命論
BRITAIN 難航必至のEU離脱交渉に救いの手は?

FEATURES&ANALYSIS
スペイン 混迷カタルーニャを読み解く
ドイツ 極右政党躍進の意外すぎる立役者
ビジネス シリコンバレー、栄華の終わりの始まり
ライススタイル 「自分婚」に走る女たち
動物保護 絶滅寸前インコをハリケーンから救え
健康 脂肪をもって脂肪を制す新研究

LIFE/STYLE
Television 『スター・トレック』の新たなる宇宙へ
Art ベイエリアの「宝島」がアートに衣替え
Health 喫煙より有害? 立ち仕事のリスク
Health ブロッコリーの芽はこんなにスゴい
Health 母と娘の衝突はメンタルに大打撃
Movies 凝った構成が裏目に出た『婚約者の友人』
Movies トム・クルーズ挫折と復活の12年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です