「Newsweek 2017年10月10日号」を購読してみて

SPECIAL REPORT
日本人が知らないマインドフルネス

世界の企業や医療現場で導入が進む「癒やしの瞑想」
マインドフルネスの知られざる効果とは

もうダメだ、やってられない。そう思ったのは、沈黙の瞑想を始めてから3日目の朝5時30分だった。じっと座っていられない自分の情けなさと空腹にいらついた私は立ち上がり、外へ出た。米マサチューセッツ州シェルバーンにあるヴィパッサナー瞑想センターの施設の裏手は手入れの行き届いた林になっている。春先のことで、木々の枝に顔を出した芽はまだ硬く、地面には見渡す限り渦巻き状のシダ類の若芽が生えていた。この3日間、私は朝4時に鳴る起床の鐘で目を覚ました。10日間の瞑想体験に参加した残りの129人も同様だ。1日10時間は瞑想をする。瞑想しないのは食事と自由時間の間だけ。じゆうといっても読み書きはもとより、参加者と話すこと、しぐさで合図を送ること、目を合わせることも禁じられた。(後略)

トレンド 沈黙に導かれたマインドフルネスの至福
企業 オフィスでも瞑想効果あり
性生活 女性たちの性の悩みを解決する切り札に?
食生活 我慢が苦手な子供の肥満防止にも効果
精神 心の健康維持に一役 鬱病再発を予防する
視点 マインドフルネスが気になる症候

米軍は北朝鮮を攻撃できない
核危機 48年前の北朝鮮による米軍機撃墜事件が残した「教訓」

Periscope
JAPAN 反安倍でしかない小池新党の限界
CUBA キューバ米大使館に音響攻撃?
RUSSIA 原子力砕氷船で北極圏に挑むロシア
CHINA 中国のハリケーン救援は大国の証しか
SAUDI ARABIA サウジ女性の自由を奪う12の掟
IRAQ クルド分離独立は天敵トルコ次第
UNITED NATIONS 「ロケットマン」演説の思わぬ効用
SWITZERLAND スイスになぜかアルパカの大群が

FEATURES&ANALYSIS
ドイツ メルケルの若い勝利はEUの敗北
分析 極右政党AfD躍進の3つの要因は
ミャンマー ロヒンギャが次のパレスチナ人になる日
旅行 世界を変えるアジア観光客
サイエンス 「速く+細かく+正しく」天気予報革命
考古学 人間の「共食い」は神聖な儀式だった?

LIFE/STYLE
Media ネットフリックスは『サイコ』を殺す
Movies 人類の終わりを告げる『猿の惑星』最終章
Food グルテンフリー食は緑のバナナで
Health ダイエットのコツは「2週間でストップ」
Health 刺青のインクがリンパ節まで染める
Music 伝説のロッカーが残した別れの歌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です