「Newsweek 2017年10月3日号」を購読してみて

SPECIAL REPORT
中国が北朝鮮を見捨てる日

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮
「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

アメリカのドナルド・ドランプ大統領が国連演説で「北朝鮮を完全に破壊する」と恐喝すると、北朝鮮の外相が「太平洋上で巨大な水爆実験をする」と言い返した。いよいよ朝鮮半島で破壊的な核戦争が起こるのだろうか。これは典型的な悪循環だ。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は挑発を重ねてアメリカの忍耐力の限界を試しているし、一方のトランプもひたすら軍事行動の威嚇を繰り出している。こんな危険なドラマが展開するなか、中国に対する外交的・軍事的な圧力は増すばかりだ。今のところ、中国政府が朝鮮半島の安定と平和維持に(外交的にも軍事的にも)本腰を入れる気配はない。それでも北朝鮮の核危機がどういう結末を迎えるのかは、もっぱら中国の出方次第と言わざるを得ない。(後略)

中朝関係 中国が北朝鮮を見限る日
外交 中朝「相互防衛」の誓いにもはや意味はない
核問題 ついに軍事介入に舵を切る?
地政学 習近平を悩ますロシアリスク
制裁 石油の輸出制限で体制は揺らぐか

ロヒンギャ弾圧に不感症な日本
人権 ミャンマーの民族浄化を日本政府が「看過」するのはなぜか

PERISCOPE
UNITED STATES トランプはパリ協定を脱退せず?
MYANMAR スーチー崇拝が鈍らせるロヒンギャ対応
SOCIAL MEDIA ツイッターとテロ組織のいたちごっこ
UKRAINE 国産の高額戦車に手が届かないウクライナ
EUROPEAN UNION 難民100万人以上が欧州で放置
CHINA 中国の文化的ジェノサイドとは
UNITED STATES ハリケーンでも予報機関トップ不在
MEXICO 32年目の同じ日にメキシコで大地震

FEATURES&ANALYSIS
内戦 シリアが直面する「アサド頼み」の現実
中東 アラブに「第2の春の予感」
米社会 白人至上主義団体は大学に目を付けた
スペイン 普通すぎる若者がテロに走った理由
インド 13億人に「監視」するカード
テクノロジー Siriを超える音声認識の世界
食品 アボガドの種を捨てないで!?

LIFE/STYLE
ravel トランプの生家で過ごした奇妙な一夜
Movies NASAを支えた黒人女性の勇気の物語
Health 愛犬と一緒に寝ると睡眠の質が下がる?
Health 虫歯は遺伝のせいじゃない
Music 伝説のコメディアンは進化中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です