「Newsweek 2017年8月8日号」を購読してみて

SPECIAL REPORT
癌治療レボリューション

癌研究・ケアの現場で常識の殻を破り
新たな道を切り開く「革命家」たち

既存の癌研究の問題は明らかだと、宇宙の起源や地球外生命体についての研究で有名なアリゾナ州立大学(ASU)のポール・デービーズ教授は思っている。「金を増やせば問題を解決できると思い込んでいる」、つまりカネはつぎ込まれているが、知恵が足りておらず、その結果として癌は多くのなぞに包まれた病気であり続けているというのだ。理論物理学者のデービーズは、癌研究では「よそ者」だが、従来の考え方より優れたアプローチを見出したと主張している。「知恵を使えば、問題を解決できると思う」デービーズは数年をかけて、癌のメカニズムに関して大胆な仮説に到達した。癌は、複雑な生命体が登場する以前へと進化のプロセスを逆戻りする現象なのではないかというものだ。この仮説によれば、癌になった細胞は、10億年前の地球に多く見られた単細胞生物のような状態に「祖先返り」する。(後略)

新説 宇宙研究者が挑む癌のミステリー
治療法 自力で探し出す最適な臨床試験
支援活動 若い患者ゆえのニーズや苦しみを理解し支えたい
代替療法 白血病のわが子を大麻で救った母の決断

核開発を支える中朝貿易の闇
北朝鮮 中朝貿易を取り締まらない中国の胸の内は
制裁逃れはこうして続く
資金調達 北の武器ビジネスを支えるマレーシア企業の実態

Periscope
IRAQ ISIS打倒後にイラク軍が残虐行為を
PAKISTAN シャリフ失脚の裏に軍首脳との確執あり
UNITED STATES 米武器供与とウクライナ紛争の行方
BRITAIN 英ガソリン車禁止は失政隠し?
BY THE NUMBERS 長者番付でベゾスがトップに
SOUTH AFRICA HIVが事実上治癒した南ア9歳児
GERMANY ISISテロ遠隔操作の一部始終
UNITED STATES 首席補佐官も「将軍」に交代
TAIWAN ホンハイの米国進出は「脱中国」の始まり?
CHINA 現時点では残念なパンダ型太陽光発電

FEATURES&ANALYSIS
疑惑 トランプが「自爆」する日
キーパーソン セッションズ解任はレッドライン
アフリカ 政権交代を許さない大虐殺の記憶
中国政治 「共産党の闘争は文革の再演」
新技術 魔法のグローブが手話を「翻訳」する

LIFE/STYLE
Movies マクドナルドのダークな誕生秘話
Movies トム・クルーズの支離滅裂ミイラ映画
Travel 猛暑で飛行機が飛べない!
Health 「鼻から吸うチョコ」がクラブで流行中
Health ハリウッド映画はたばこをやめられない
Food スペインの山奥で開花した日本人シェフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です