「Newsweek 2017年8月1日号」を購読してみて

SPECIAL REPORT
「イスラム国」の子供たち

過激なイデオロギーに感化された子供たちや
帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

放課後にはよく映画を見に行った、楽しかったよ。青い目をした少年は無邪気に言う。それは3年前、当時9歳の彼がまだシリア北部の都市ラッカの外れに暮らしていた頃のこと。父に連れられて行くこともあったし、学校の先生やクラスメイトと一緒のこともあった。野外の会場には日よけの傘の下に大画面のテレビが据えてあり、みんな粗末な椅子に腰掛け、クッキーをつまみながら上映開始を待った。いろんなビデオがあったけれど、筋立てはいつも同じ。黒ずめのISIS(自称イスラム国)戦闘員がクファール(不信心者)の支配する町を「解放」し、勝利を祝う血みどろの儀式として不信心者の首を切り落とす。演技ではない、映像の全ては実際に起きたこと。「ジハード(聖戦)って楽しそうだ」。そう思ったと、少年は言う。少年の名はモハメド(12)。今は叔父に引き取られ、シリア国境に近いトルコ南部の町レイハンルで暮らしている。(後略)

テロ ISISチルドレンが攻めてくる
東南アジア アジアにイスラム国が生まれる日
展望 アルカイダとISISの近くて遠過ぎる関係

トランプ、半年間の意外な評価
米政治 メディアと国際世論を敵に回しても再選確率を高めた理由は
■人事 ホワイトハウスに来た究極のミニ・トランプ

Periscope
CHINA 中国の大量ゴミ輸入がついにストップ
THAILAND タイ人身売買の解決は遠い
UKRAINE 親ロ派国家樹立はロシアも寝耳に水?
INDONESIA 南シナ海領有権争いにインドネシアが
YEMEN サウジの空爆がイエメンの子供を殺す
SYRIA 迷走するトランプの対シリア外交
KAZAKHSTAN 旧ソ連圏でロシア文字衰退の理由
HUNGARY 水を舞台に美と技を競う

FEATURES&ANALYSIS
中国政治 貴州コネクションに注目せよ
過激派 神の党ヒズボラの明と暗
少数民族 焼身しか策がないチベット人の悲劇
ロシア プーチンのおかげで高まるスターリン人気
テクノロジー ビットコイン大国を志すスイス
宇宙開発 月移住を目指す中国の壮大な実験
食品 「濃い」新種バナナで子供の命を救え

LIFE/STYLE
Art さあ、愛犬と一緒にアート鑑賞へ!
Kids 高齢パパの息子はオタクになる?
Food コーヒーの好みから分かるおすすめワイン
Movies マイルズ・テラーがオスカー級の名演
Movies 「アメリカの原罪」を問う極上ホラー
Television カメレオン女優は全てが規格外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です