「Newsweek 2017年7月25日号」を購読してみて

SPECIAL REPORT
劉暁波死去
中国民主化の墓標

ノーベル平和賞受賞者・劉暁波の「非業の死」は
中国民主化の終わりか、新たな始まりか

中国における人権擁護のため戦ってきた不屈の投資、劉暁波(61)が死んだ。その知らせを聞いて、世界中の人々が悲観にくれている。彼は、人間の勇気と気高さを象徴する存在が失われたことを悲しんでいる。中国政府の残酷さに憤っている。そして今後、中国で自由の理念が後退することを懸念している。劉の早すぎる死が、一つの時代の終わりを意味しているのは間違いない。1955年に生まれ、文化大革命の激動期(1966~76年)に成人した劉は、全体主義の恐ろしさを身をもって知り、欧米型の自由主義の理念を学び、中国にもそれを導入するよう訴えた文革世代の知識人の1人だった。中国で民主化や自由化の機運が最も高まった80年代、劉ら若き知識人は、改革志向の学生たちを「啓蒙」する役割を果たした。欧米の思想を照会し、伝統を批判的に検討し、オープンな議論によって真実を探るよう促した。(後略)

中国 劉暁波、民主化運動の墓標
視点 中国に政治改革が必要とされる時
社会 反体制派が冷笑を浴びる国
人権 中国と世界に遺した劉暁波、魂の書簡

ビンラディンJr.が世界に復讐する
テロ かつてのトップの息子を掲げて復活したアルカイダの知られざる脅威

PERISCOPE
FRANCE マクロンの鮮やかなトランプ操縦術
JAPAN 北方領土交渉の新アプローチは幻に
NORTH KOREA トランプ追加制裁の標的は中国
QATAR 牛4000頭がカタールを救う
BY THE NUMBERS 水とトイレはまだまだ贅沢品?
IRAQ 壊滅しないISISは新段階へと移行する
RUSSIA プーチンの「バイク資産隠し」疑惑
RUSSIA KGB出身大統領は完璧なトリリンガル?
NORHTERN IRELAND 対立を刺激する祝祭
CAPITAL 覇権国の勝敗を占う「カネの世界史」

FEATURES&ANALYSIS
米政治 ロシア疑惑がはらむ真の悪夢
中東 カタール危機でアジアが巻き添え
金融 フィンテックで脱・銀行へ
起業 「嫌われ者」の失脚がIT業界を変える
米社会 ツイッターをブロックするトランプを訴えたら
教育ソフト ソーシャル学習アプリで学習アップ
航空 音速の壁を静かに破る未来の飛行機

LIFE/STYLE
Music この夏の定番ソングは(たぶん)これだ!
Kids 「水泳を習えば溺れない」は大間違い
Health 夏の日焼け対策はこれで決まり?
Toys バービー人形の彼氏も多様化の時代
Psychology 夫婦の危機を子犬が救う
Psychology 幸せなお金の使い道とは
Theater 生まれ変わった異端のダンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です