「Newsweek 2017年7月4日号」を購読してみて

SPECIAL REPORT
安心なエアラインの選び方

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル
トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

全ての航空会社の乗客にとって、デービット・ダオ医師は英雄だ。彼はシカゴの空港でユナイテッド航空(UAL)の飛行場から引きずり降ろされ、その際に脳震盪に加えて鼻を骨折、前歯2本を失った。オーバーブッキングの航空機から暴力的に排除されたダオの姿は、嘆かわしい現実を世界中に見せつけた。国際航空路線のパイオニアだったアメリカの航空会社は、今や世界最悪レベルだ。ユナイテッドに続きアメリカ航空でも、双子の幼児を連れた母親がベビーカーを取り上げようとした客室乗務員に暴行を受けたとされる事件が発生。フロリダ州フォートローダーデールでは、前の週に300便を欠航した格安航空会社(LCC)のスピリットが予告なくさらに11便を欠航。怒った乗客がチェックインカウンターに殺到した。ちなみに、世界で最も優れた航空会社をランク付けしたスカイトラックの上位100社リストで、アメリカの航空会社はデルタ航空の32位が最高だ。(後略)

航空会社 最悪なエアライン、最高のエアライン
■乗客 オーバーブッキングはなぜ起きるのか?
評価 サービス最悪の会社はどこだ
騒動 飛行機の中はトラブルだらけ!
チケット 航空機の「途中下車」はなぜ許されない
改革 管制業務の民営化で犠牲になるものは
歴史 パンナムが切り開いた空の旅の黄金期

王子が語った母の死と英王室
独占取材  悲劇から立ち直ったヘンリー英王子の「自分探しの旅」は続く

Periscope
BRITAIN 金融セクターがロンドンから逃げていく
NORTH KOREA 北朝鮮の人権侵害はもう限界
ZIMBABWE 国民を脅して7選を目指すムガベ
EUROPEAN UNION EUをめぐる欧州市民の複雑な本音
SAUDI ARABIA サウジ新皇太子は改革派か強硬派か
FRANCE マクロンはトランプとウマが合う(はず)
JAPAN 中国「パンダ外交」の呪縛
ISRAEL 「テロの月」に変貌した聖なるラマダン

FEATURES&ANALYSIS
インタビュー トランプ時代の新・北朝鮮リスク
イギリス 「普通の町」に潜むテロリストの影
ブランド アップル製スニーカー高騰の謎
食品 コンパクトで楽しいマカロニ新時代へ

LIFE/STYLE
Movies この夏もパイレーツどもが大暴れ
Theater 大ヒット社会派ミュージカルの誕生秘話
Health 豆乳やヤギ乳は牛乳ほど背が伸びない?
Books チェルシーが送る少女たちへの「正論」
Science 科学をエンタメに変えるスター学者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です