「Newsweek 2017年4月25日号」を購読してみて

SPECIAL REPORT
トランプ vs 北朝鮮

北朝鮮が核実験に踏み切れば単独行動も辞さない──
トランプは米軍による先制攻撃を決断するのか

四世紀以上、国際社会を翻弄し続け、3人の米大統領による外交努力を無に帰した北朝鮮問題。武力行使に訴えれば近隣諸国に甚大な被害が及ぶとして、米軍による先制攻撃は究極の最終手段としてきた。それが、北朝鮮と対峙する4人目の大統領であるドナルド・トランプが掲げる「力による平和」という方針の下、現実にある様相を見せている。トランプ政権は先週、米原子力空母カール・ビンソン率いる空母打撃群を北朝鮮半島近海に向かわせ、原子力潜水艦の配備もちらつかせた。今月初め、シリアに巡航ミサイル59発を撃ち込んだ後だけに、トランプは本気で先制攻撃を検討しているように見える。先週、米NBCニュースは米情報機関筋の話として、トマホーク巡航ミサイルを装備した駆逐艦2隻が地域に展開しているとして、「先制攻撃の準備は整っている」と報じた。(後略)

朝鮮半島危機 トランプvs北朝鮮の行方
独裁者 アサドと金正恩のサバイバル術
解説 朝鮮戦争、次は総力戦?
軍事技術 北ミサイルの本当の実力は

Periscope
AFGHANISTAN 「最強の爆弾」の目標は戦意喪失
UNITED STATES タカ派のプロが仕切るトランプ外交
CHINA 北朝鮮制裁でトランプと習がホクホク顔
SOUTH OSSETIA 南オセチアでロシアが狙う次の一手
VENEZUELA ベネズエラの混乱は収束の気配なし
IRAN 元祖お騒がせ大統領が選挙戦を攪乱する
RUSSIA プーチン大統領の再選に暗雲か
SOUTH AFRICA 「暴走」大統領の誕生日に退陣デモ

FEATURES&ANALYSIS
仏大統領選 ルペンの脱悪魔化は本物か
フランス政治 「右でも左でもない」苦悩
台湾政治 蜜月の終わった台湾総統の憂鬱
米政治 ホワイトハウスの牛耳る大富豪たち
LGBT パスポートの性別に「第3の道」を
サイエンス 刺激も感じられる未来の人工皮膚

LIFE/STYLE
Travel 旅行者泣かせの隠れ料金にご用心
Work ウーバーで発覚した新たな「女性問題」
Movies あの頃を描く『スウィート17モンスター』
Movies レジスタンスの叫びをタクシーに乗せて
Movies グレートで駄作な『グレートウォール』
Art 債務危機をアートで乗り切る?
Music 隠れたヒットメーカーLPが表舞台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です