「Newsweek 2017年1月17日号」を購読してみて

SPECIAL REPORT
トランプと世界経済

貿易戦争を煽り、企業活動に介入する「ビジネスマン大統領」
トランプ時代の世界経済とアメリカの行方は?

あと何日かでドナルド・トランプ第45代アメリカ大統領に就任する。「だから言っただろう?」とは言いたくはないが、これは決して意外な展開ではない。筆者が02年の著書『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』(翻訳・徳間書店)で論じたように、これまでのグローバル化政策の手法は、幅広い不満を育んできた。米共和党は、グローバル化という名の世界の貿易と金融の統合を目指して邁進してきた。それなのに、その党から出馬した大統領候補がどちらも元に戻すと約束して勝利を収めたのだから、皮肉としか言いようがない。もちろん元に戻すことなどできない。今や中国とインドは世界経済に組み込まれ、技術革新によって製造業の雇用は世界中で減っている。トランプが何と言おうと、製造業でこれまでのように給料のいい雇用を生み出すのは不可能だ。やれることといえば、先端技術を駆使した業種(必要な人材は少数の高技能労働者に限られる)を後押しすることくらいだろう。その一方で格差は拡大し、大衆、とりわけトランプに勝利をもたらした白人有権者の落胆は深まるだろう。(後略)

予想 トランプが世界に巻き起こす大嵐
ビジネス トランプは本当に企業の味方か
自動車 フォード米国回帰の真相
雇用 シリコンバレーはアメリカを救えるか
課題 自由なくしてグローバル経済は栄えず
経済 トランポノミクスと新興国市場の展望
中国 「奇跡の成長」その第2幕は
主張 格差と寡占の拡大を革新的規制で防げ
視点 資本主義再生に本腰を入れるときだ

Periscope
UNITED STATES オバマの支離滅裂な最終章
UNITED STATES 「情報機関嫌い」大統領のリスク
FRANCE 極右ルペンがトーンダウンした理由
ISRAEL ネタニヤフは汚職疑惑から逃れられるか
CHINA 中国の象牙取引禁止がアフリカゾウを救う?
EUROPE 欧州の命運を握る重大選挙
ASIA 民主化の行方が決まるアジアの注目選挙
SOUTH KOREA 新たな少女像が新たなアジアの火種に

FEATURES&ANALYSIS
安全保障 米中衝突のカントダウンが始まる
イギリス ブリジットに翻訳される移民たち
社会 ロシアの医療は破綻寸前
健康 気付いてますか室内空気の殺人的汚染
犯罪 「セックストーション」に怯える少女たち
生態 あなたの家にいる小さな同居人

LIFE/STYLE
Music ついに公開されたパープルの聖地
Relationship 似た者夫婦を科学で解き明かすと
Movies 下品でかっこいいデ・ニーロが絶妙
Movies ナチス戦犯を追った男の物語
Alcohol スペインのワイン産地に新しい風

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です