「Newsweek 2016年12月20日号」を購読してみて

SPECIAL REPORT
プーチンのすべて

世界を揺さぶる「最強の独裁者」プーチン
日ロ首脳会談の成否を握るその思考回路とは

すべてが計画どおりに進めれば、安倍晋三首相は今週、故郷である山口県長門市でロシアノウラジーミル・プーチン大統領と一緒に温泉に入っているだろう。日本の伝統的な保養所である温泉でプーチンをもてなす安倍の狙いは、「歴史的偉業の達成」にほかならない。ロシアの指導者を説得し、第二次大戦を正式に終わらせる平和条約に道筋をつけるという偉業だ。日本への北方領土の一部返還を含む平和条約の締結交渉は、「平和条約締結後にソ連は日本へ歯舞群島と色丹島を引き渡す」と定めた56年の日ソ共同宣言以降、幾度も繰り返しては失敗に終わってきた。安倍にとって、この「温泉サミット」は個人的なものであり、戦略的なものである。伝えられるところでは、安倍は父・晋太郎の夢をかなえることを切望している。首相を目指していた晋太郎は外務大臣だった80年代、ソ連のミハイル・ゴルバチョフ書記長との関係を築き、平和条約を締結することに心血を注いだ。息子の晋三もまた、ロシアと中国の間に治政学的くさびを打ち込み、アメリカとの同盟関係を超えた日本独自の外交政策を打ち立てたいと考えている。(後略)

ロシア 世界を手玉に取るプーチンの本心
提言 ロシアとの交渉で成果を出すコツ
日ロ会談 北方領土、未完の戦後処理
外交 米ロ間に蜜月が訪れる日
ロシア経済 意外に底堅い? プーチノミクス
大統領 笑わぬ皇帝の多忙で孤独な日常
分析 黒帯プーチンの行動原理
プロフィール 「荒くれ者」神話の虚実
フォトエッセー 「新冷戦」の最前線はエストニア

Periscope
UNITED STATES 孫正義から始まるお友達資本主義
TAIWAN 米台「首脳」会談が刺激する中国の怒り
SYRIA ISIS新報道官は影武者か
GERMANY 凶悪事件で沸騰するドイツの反難民感情
ITALY イタリアに山積するレンツィ後の難題
SOUTH KOREA 「弾劾」が物語る韓国政治の未熟
CHINA 「旧友」大使は意外に無意味?
TURKEY エルドアン娘婿とISISの黒い関係
ISRAEL 引き倒された黄金のネタニヤフ像

LIFE/STYLE
Food 世界一の味はカジュアルに進化
Books 中国のSF小説を英語で読ませる男
Shopping ネットオークションで1ドル札を売ったら
Movies ゲイを怒らせたゲイ映画
Technology コンコルドを超える超音速機

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です