「Newsweek 2016年11月1日号」を購読してみて

SPECIAL REPORT
アジアを揺るがす暴君

アメリカと決別宣言し、中国に急接近するドゥテルテ大統領
フィリピンの「暴言王」はアジアの地政学をどう変えるか

テレビを見ていたフィリピン国民は目を見張ったに違いない。「庶民の味方」のロドリゴ・ドゥテルテ大統領が定番の民族副バロンタガログを脱ぎ捨てて立派なダークスーツに身を包み、アジアの超大国・中国の習近平国家主席と肩を並べて堂々と、儀仗兵の前を歩いているではないか。先週、国賓として中国を訪れたドゥテルテは、国の将来を憂える高尚な政治家然と振る舞い、南シナ海の領有権問題は2国間協議で解決することに合意し、見返りに中国から総額90億ドルの低利融資を引き出した。実際、訪中のテレビ映像を見る限り、この男が数々の罵詈雑言と奇行で知られる横柄な政治家と同じ人物だと思えない。しかし現実には、彼が国内で一方的に始めた「麻薬戦争」により、既に何千人もが殺されている。そこでも因習を打破して独自の道を行くという旗印の下、地方都市の市長から一足飛びで大統領になったドゥテルテの支持率は高く、今も80%を超える。大統領就任後の発言で最高(あるいは最低)だったのは、アメリカとの関係を見直すという宣言だろう。ドゥテルテに言わせると、長年にわたるアメリカとの緊密な同盟関係は、フィリピンにほとんど何ももたらしていない。(後略)

フィリピン アジアを揺るがす暴君ドゥテルテ
視点 ドゥテルテ訪日で試される安倍外交の価値観
外交 中国海軍旗が南シナ海に翻る日

ISIS後のイラクを待つ脅威
中東 残虐集団なき後の「空白」にうごめく近隣国の思惑とアメリカの指導力
過激派 「最後の1人になっても死ぬまで抵抗せよ」…

Periscope
EUROPEAN UNION カナダとの貿易協定を葬る「拒否権」
IRAQ モスル奪還でもISISとの戦いは終わらず
NORTH KOREA 北朝鮮の粛清報道は大げさ?
GREECE 忘れられた難民の怒りが爆発
SPAIN スペイン「闘牛禁止」は独立運動の代理戦争
GLOBAL ECONOMY 先進国は今こそ積極財政を
ALBANIA 中国の「一帯一路」は海から空へ
CHINA 共産党の威信を背負う中国の宇宙開発

FEATURES&ANALYSIS
地政学 米口「新冷戦」の5つの戦場
司法 裁判公開サイトで中国は変わるか
教育 紛争の傷を癒して学力向上
エネルギー パリ協定を踏みつぶすトランプ
医療 エキゾチックで奥深い治療の世界
ヘルス 抜け毛に悩む人にささやかな希望

LIFE/STYLE
Television ウディ・アレン初ドラマの成績表
Movies 『コンカッション』NFL批判の迷走ぶり
Movies デキちゃったブリジットの幸せ探し
Health インフルに勝つ万能ワクチン
Health すぐに拾えばOK? 「5秒ルール」の真実

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です