「Newsweek 2016年9月13日号」を購読してみて

SPECIAL REPORT
中国経済
進化する企業と停滞する国家

一党独裁国家が統制するガラパゴス経済で
独自の成長を遂げてきた中国企業に国際競争力はあるか

一般的に中国の大手IT企業は、世界が羨む優良企業と思われている。電子商取引最大手アリババ・ドットコムは株式時価総額2460億ドル。純利益はアメリカの同業アマゾン・ドットコムの2倍以上だ。中国で最も元気なIT企業といわれる沸騰訊控股(テンセント・ホールディングス)の時価総額も2400億ドル以上。同社のソーシャルメディアアプリ、微信(WeChat)アクティブユーザー数7億6000万人を誇る。新興スマートフォンメーカーの小米(シャオミ)科技は昨年、7000万台以上の携帯端末を出荷。今では世界の10大スマホメーカーの一角に食い込んでいる。同社は非上場だが、時価総額は400億ドル以上だ。検索大手の百度(バイデゥ)は、国内の検索サービスで80%のシェアを握り、検索連動型広告の市場を支配している。携帯電話サービスの中国移動通信(チャイナ・モバイル)は世界最大の通信事業者。時価総額は2530億ドルで、アメリカ最大手のベライゾン・コミュニケーションズを20%上回る。世界第3位の通信機器メーカーに成長した華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)は昨年、世界中で608億ドルを売り上げ、アメリカ最大手のシスコシステムズを120億ドル上回った。(後略)

中国経済 ガラパゴス化する中国ビジネス
■国外進出 そして中国企業は世界を目指したが
ネット 中国を変えた企業、アリババの限界
買収 「中国株式会社」がやってくる
戦略 空の制覇を目論む新世代企業DJI
ケーススタディー 「地王」に踊る国有企業の罪

サウジvsイラン代理戦争
中東 シリアとイエメンの内戦が「21世紀の冷戦」をあおる

PERISCOPE
UNITED STATES スペースX爆発でFBも道連れに
JAPAN アジア最大の危機、それは日中関係
SYRIA ISIS海外責任者の死でテロは減るか
RUSSIA 「ロシアは60時間で東欧侵略可能」の衝撃
CANADA カナダAIIB参加で切り崩される米同盟
BRAZIL ルラが次の大統領選に?
NORTH KOREA 金正恩「粛清の嵐」はガセネタか
MEXICO トランプに利用されたメキシコ大統領
VENEZUELA 国民の怒りを無視するマドゥロ
ITALY 先進国イタリアの大惨事は人災?
CHINA 儀式化したG20と中国の「国威発揚」

FEATURES&ANALYSIS
Q&A スティグリッツの「ヒラリー評」
フランス 再挑戦サルコジのトランプ流戦略
イスラム ブルカ禁止の波はついにドイツへ
兵器 エジプトの過激派にナチスの贈り物
ロシア社会 復活するスターリン崇拝
科学 実利を追う中国の宇宙開発
医学 PC用メガネで不眠が軽減?

LIFE/STYLE
Art トランプ「裸の王様」の仕掛け人
Books デジタル化に立ち向かう異色の古本屋
Movies 『スーサイド・スクワッド」の敗北宣言
Health デンタルフロス神話、崩壊の衝撃
Alcohol ベルギービールの多様性を取り戻せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です